live 's ENTRY

山の手観劇。冬。

January 17 Sat, 2015

年に数回の山手事情社さんの観劇。今回はシェイクスピア作品「テンペスト」。
やはり山手さんのシェイクスピアものは見やすい!というか、事前に冊子読んでおくのは必須なんですが、和モノに比べるとストーリーが追いやすいんですよね。

それにしても道成寺が最高難度です。DVDを何度観ても、わからない部分があるw

perfumeのWT3のNYのLV

November 16 Sun, 2014

Perfume WORLD TOUR 3rd NY公演のライブ・ビューイングの為に、朝から新宿バルト9に行ってきました。
最後列の席が良席と言われる中、なんとA列(つまり最前列)!
さすがにスクリーン近いなぁと思いましたが、前に誰もいないと言うのも、乙なものです。
そして、いつも以上にかしゆかのスカートが気になって仕方なかったですw
内容は、圧巻というか安定というか、流石でございます。新旧織り交ぜ、日本のファンも大満足のラインナップ。結果レアなライブになったと思います。衣装のパターン化など、さらなる記号化が進化したなぁと思うばかりです。

01. Enter the Sphere
02. Spring of Life
03. Cling Cling
04. ワンルーム・ディスコ
05. ねぇ
06. SEVENTH HEAVEN
07. Hold Your Hand
08. Spending all my time
09. GAME
10. Dream Fighter
11. Party Maker
12. GLITTER
13. チョコレイト・ディスコ
14. ポリリズム
EC
15. FAKE IT
16. MY COLOR

グッズのニット帽を被って踊っておりましたら、ボンボンがとれました。
それほど踊っておりました。いやー楽しかった!

SHIP IN A BOTTLE

November 8 Sat, 2014

水どうのミスタさんこと鈴井貴之氏の主催するOOPARTSの最新作は「SHIP IN A BOTTLE」 。そして今回出演者の中に、水どうのDである藤やんこと藤村忠寿がいると言うのであれば、我ら藩士は観るしかないのです。そんなわけで東京公演ラス前のグローブ座に行ってきました。
事前情報としては「舞台装置で全面シーソーが使われる。まさに怪我必至」という事で、おいおいどんだけハードなんだ!と思っておりました。
まさに少数精鋭。キャラクターも役者さんも皆さん魅力的なので、十分楽しめました。
ただし心が晴れ晴れとするタイプのお芝居ではありませんので、このジトっとした感じは、実にミスタらしいんですかね。

perfumeがぐるんぐるん

September 20 Sat, 2014

Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」の代々木第一体育館3日目に参戦。
しかも9月20日のこの日は、のっちのお誕生だったのです。
(ちなみに翌21日は、メジャーデビュー10周年!)
今回の5thツアーは、アルバムでなく、シングルの"くりんくりん"(Cling Cling )を軸とした"ぐるんぐるん"というツアーでした。なのでセトリが今までで一番自由度があるというか冒険的だった気がします。
オープニングはCling ClingのPVの世界観を模したオリエンタルなステージからスタート。センターステージに移動し、マイクスタンドを使った"恋は前傾姿勢"のフリが超絶可愛い。途中、舞台装置のトラブルで、若干のバタつきまからの"エレワ"。メイン舞台が大きくトランスフォームし、これぞPerfumeの真骨頂というようなDISPLAYモードに、そして、会場全体の、のっち誕の大合唱!そして怒濤の"Party Maker"で超アゲアゲ!
アンコールでは、ツアー中封印していた"ポリリズム"を解禁。どの衣装も可愛いし、アンコール衣装は常に天使級でございました。
大大大満足、怒濤の3時間でございました。
しかし"Sweet Refrain"はやらずの謎。
LEVEL3以降の進化を感じれて、ますます今後が楽しみでございます。

chage=

September 16 Tue, 2014

Chageの「LiveTour2014 ~equal~」東京公演に行ってきました。
事前情報で、マルチマックス25周年記念のトリビュートライブとの事だったので、ワクワクしていましたが、本当に素晴らしいライブでした。かつて十代で聴いていた楽曲を、30才すぎてビールを飲みながら堪能できるのは、まさに至福です。
まず"勇気の言葉"で、グっとくる第一波が!
"組曲 WANDERING"聞けたのよかったし、そりゃあMCで号泣。
新曲"equal"にまつわる盟友松井吾郎氏のエピソードでまた涙し。
ラストの"WINDY ROAD"で、紙飛行機飛ばしながら大号泣でしたわ。

ダンディな夜じゃんよ

July 18 Fri, 2014

18日夜に代官山UNITで開催されたスペース☆ダンディの音楽イベント「SPACE☆DANDY NIGHT〜 It's time for the party!! 〜」に参加いたしました。どうなるものかと思っておりましたが、結果とっても楽しかったです。
アニソン×クラブって、やっぱ最強だなと実感したイベントでございました。
とりあえずトピックスとしては
・諏訪部さん登場で、マジLOVE!超絶盛り上がる!!
・9nineのうきちゃん登場で、綺羅星☆して超絶盛り上がる!!
・岡村ちゃん(本物)がやばい。
もう若くないのかしら?とにかく途中からどっと疲れたねw。とは言え20時過ぎから5-6時間遊んでたわけだから、まぁこんなもんかもね。
エスケープした後にも、もうひと盛り上がりしたようなので、そこは少し心残りだな。

江口寿史KOP(仮)展

May 3 Sat, 2014

吉祥寺で開催の江口寿史「キングオブポップ(予告編)展」に行ってきました。
80年代から活躍しており、時代を跨いでとても作品が多彩で素敵な方ですね。
原画やシートが、割とお安い価格で販売していたので、可能であれば購入したかったのですが、思い出にシンクロするビシっとくるのがなかったので断念しました。
どのイラストの女の子が本当に魅力的で、何時間でも観ていられるんですよねー。
夏に3冊組のイラスト集が出るらしいので、座して待ちたいと思うのです。

ヘッダ・ガブラー

March 22 Sat, 2014

山の手事情社公演「ヘッダ・ガブラー」。
場所は前作"ひかりごけ"で不思議空間を演出した文化学院さん。お茶の水という事で、まずは神保町の丸香さんで讃岐うどんを食べよう!と思いましたが、三連休の間だった為まさかの臨時休業でした。2回訪れて0勝2敗...どんだけ縁遠いんだw。
お芝居本編としましては、素晴らしいほどの四畳半空間。舞台に敷き積もった発泡スチロールの破片が、マイムと相まって様々なものに変幻し、まさに「そうとしか見えない」感じは、凄まじい表現者集団だ!と思わざるえないのです。

ミエルヒノイベ

March 21 Fri, 2014

横浜で開催された「第37回 名作の舞台裏"ミエルヒ"」に参加してきました。
当選倍率が20倍という超難関、狭き門を何とかくぐる事ができました。
09年HTB放送の"ミエルヒ"本編を鑑賞した後に、トークショーがスタート。
主演 安田顕、企画 嬉野雅道、演出 藤村忠寿というミリオンレア級の並び!
ビシっと約90分という時間、充実のトークを堪能できました。
どうでしょうともナックスとも違う役者ヤスケンのトーク、マジで素敵でした。
ノリにノったうれしー、抑えめのふじやん、当社比とても良いバランスでした。

世界一可愛いライブ

February 16 Sun, 2014

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2014 Spring *Fruits Fruits ♡ Cherry*@さいたまスーパーアリーナに参戦。ついに"ゆかり王国"の王国民となる日がきました。
屈指の訓練を受けている王国民たちですので、完全にビビりながらも全力全開で対応して行こうと決死の覚悟でございましたが、とりあえずは対応できたと思います・笑。
もっと荒々しい空間かと思っていましたが、さすがはお客も大人w、統制の執れたもので、その一体としたコール&レスポンスは素晴らしいの一言です。
最新アルバムを中心として新旧の楽曲が絶妙のバランスで構成され、ただただ盛り上がる曲だけでなく、バラードで聴かせてくれるのも、姫の魅力だと思います。
2014年この頂にまでのし上がった"本物の天才"もしくは"プロのアイドル"のお姿には、ただただ甘い夢だけでなく、苦々しいリアルを感じれて、いや〜感動がジワジワと押し寄せてきます。
超充実した3時間半でしたし、やはり"世界一可愛い"37才でございました。
>オフィシャルレポはコチラから。

MonthlyArchive

2015
01
2014
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP