2014年3月|Archive

かおりちゃん結婚!

March 30 Sun, 2014

先日、かおりちゃんの結婚式にビシっと参列してきました。10時過ぎに集合した我々は、チャペルからパーリーまで怒濤のように進み、素敵なお式と美味しい食事とお酒と堪能いたしました。
お式では恒例?の余興も無事に遂行できましたので、ひと安心でした。こういうのは完成度よりも、気持ちベースの縁起物ですからねw。
その後、2次会まで3時間ほど時間があったので、カラオケ屋さんで待機しつつ、何故か"ご本人出演映像"しばりで、Perfumeやら宇多田ヒカルのPVを観ていたら、完全に涙腺がバカになっていたのか"誰かの願いが叶うころ"で号泣しまうという謎展開。
そんな中2次会では、同仲間内の面々と一緒に、面白おかしく、祝わせていただきました。
それでも終ったのが20時前だったので、愉快な仲間達は3次会へ流れ込み、方々で大いに語らいました。
先週から喉がすこぶる不調で、回復傾向に努めていたのですが、12時間以上のお酒とトークと笑いの酷使で、完全にマイナスベースに逆戻り、月曜はガラガラ声がドイヒーでございました。
かおりちゃん、ごだいさんお幸せに!!

ヘッダ・ガブラー

March 22 Sat, 2014

山の手事情社公演「ヘッダ・ガブラー」。
場所は前作"ひかりごけ"で不思議空間を演出した文化学院さん。お茶の水という事で、まずは神保町の丸香さんで讃岐うどんを食べよう!と思いましたが、三連休の間だった為まさかの臨時休業でした。2回訪れて0勝2敗...どんだけ縁遠いんだw。
お芝居本編としましては、素晴らしいほどの四畳半空間。舞台に敷き積もった発泡スチロールの破片が、マイムと相まって様々なものに変幻し、まさに「そうとしか見えない」感じは、凄まじい表現者集団だ!と思わざるえないのです。

ミエルヒノイベ

March 21 Fri, 2014

横浜で開催された「第37回 名作の舞台裏"ミエルヒ"」に参加してきました。
当選倍率が20倍という超難関、狭き門を何とかくぐる事ができました。
09年HTB放送の"ミエルヒ"本編を鑑賞した後に、トークショーがスタート。
主演 安田顕、企画 嬉野雅道、演出 藤村忠寿というミリオンレア級の並び!
ビシっと約90分という時間、充実のトークを堪能できました。
どうでしょうともナックスとも違う役者ヤスケンのトーク、マジで素敵でした。
ノリにノったうれしー、抑えめのふじやん、当社比とても良いバランスでした。

バナナステーキ参戦

March 12 Wed, 2014

TVK他にて、バナナマンのバナナ炎的な新番組がスタートしたので、公式ページで「いいね!」押していたら、FBにて公開収録のお知らせがあったので、平日の夜でしたが、とりあえず応募し、当選してしまいました。
当日、何とか仕事を済ませて、いざ渋谷某所へ。
整理番号もいい感じに若い数字だったので、2列目センター目という良席。
2本分の収録は、大変満足で圧巻の1時間半のバナナマンショーでございました。
内容がカオスすぎるので、どう放送されるか超気になっております。

伊勢内宮まいる!

March 2 Sun, 2014

翌日。朝一で伊勢神宮 内宮へ。こちらも新社殿になっていますが、外宮のように旧社殿をみる事はできなくなっていました。そこがまた神聖感がはんぱない。参拝の時間に降っていた若干の小雨がまた心身を清めているようで、とてもよかったです。
大きな主題をクリアし、帰路の途中、松坂方面へ車を移動。さすがに1万円越のすき焼きを食べる度胸はありませんでしたが、名店牛銀の経営する"洋食屋牛銀"にて松坂牛ハンバーグ定食を食す。うまし!
その後、名古屋のコンビナートの壮大さにビビリながら、ひたすら新東名を東京へひた走りました。
とにかく、まずはお伊勢参りを式年遷宮のタイミングで訪れる事ができた事に満足で、実に素晴らしい旅となりました。20年後にまた参りたいものです。
「神聖なもの」というのは容易に感じる事はできませんが、"そこに確実に存在している"と信じれる事こそが、心のあり様として重要なのだと思いました。

お伊勢参り14

March 1 Sat, 2014

3月1日から2日間、伊勢神宮へ伊勢参りに行ってきました。
旅のスタートはいつも早く東京を5時に出発。東名高速をひた走り名古屋方面へ、しかし今回の順路は名古屋を経由せず、伊良湖岬からフェリーを利用し伊勢入り。
道途中、日本三大砂丘の1つ"中田島砂丘"に立ち寄り、あまりのスケールに大興奮のなか「世界の終末ごっこ」に興じる。富士山の宝永火口のように規模がデカすぎる為に遠近感が崩壊するパターンです。清須会議のロケ地でもあったので訪問できて満足です。
水曜どうでしょう"原付日本列島制覇"のカブルートをなぞりフェリー乗り場へ。道中に看板などで"大あさり"をやたら推してきたので、搭乗前に食堂にて、大あさりと岩のりご飯を食るとマジ旨し!フェリー船中はただただ寝ておりました・笑。
そして、ついに赤福王国の領内に、その看板の主張に圧倒されつつ、昼食は伊勢名物"伊勢うどん"の名店「つたや」にて食す。極太のふわふわ麺は関東では経験できない、やわいコシでございました。
そのまま先ず外宮へお参りをする。数年前に参った際には空き地だった地に、新しい宮が出来ているので、いやいや感動的でした。旧宮と併設されているので20年分の歳月を感じる事ができました。
その後、せんぐう館で、式年遷宮の背景や歴史を観覧し感心する。内宮を参る前に、おはらい町、おかけ横丁めぐりをし、赤福本店にて"赤福"を食す。その味は無類。想像以上に美味しく、そりゃあ人気だと納得いたしました。
その日はここまで。お宿にチェックインし、伊勢海老や地ビールを堪能し、泥酔の中一日を終えました。

MonthlyArchive

2014
04 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP