山口晃展@館林

群馬県立館林美術館にて「山口晃展 画業ほぼ総覧-お絵描きから現在まで-」を観てくる。イベント最終日でしたが、都内開催でないので人が溢れる程ではなく、スムーズにノンストレスで鑑賞できました。
"ほぼ"と唄いつつ、何点かの有名作品はなかったようで、個人的に期待していたのが観れなかったのは、少し残念でした。
とは言え、画集では体験できないサイズの作品を、超至近距離から観れるので、とても充実したものでした。現代画家の中で、デザインワークとの親和性がとても高い作家だと思っているので、とにかくその方向性と細部に宿った神がかり的なディテールは、結果作品に圧倒的力をもたらすんだろうなぁと思いました。
線一つにしても、1ピクセル以下からダイナミック線まで、大胆な構図から人物1人1人の精密さ。直線と曲線。あらゆる両翼、緩急をもった圧倒的な画家でございました。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP