2013年10月|Archive

モンティ・ホール問題問題

October 28 Mon, 2013

世の中には、"モンティ・ホール問題"と呼ばれる問いがあります。
名称は知らなくても、その内容は知っているかもしれませんね。
知らない場合には、詳しくはググってください 笑。

実は、ここ数ヶ月の間。ふと空を見上げると...
「モンティ・ホール問題が劇中の会話にでてきた作品って何だったかなぁ」と
モヤモヤしていました。
それが映画だったか、小説だったかアニメだったか。
(活字やイメージなので、小説な気がしていますが..,)

そんなモヤモヤな日々の中、最近読んだ新刊本で
件の「モンティ・ホール問題」が登場しやがりまして、
僕は「いやいや探している作品は、お前じゃない!」と叫んだのでした。

んー喉元までは出かかってるこのモヤモヤ感。
あぁ気持ち悪い。

記憶の断片として、
1.2人の登場人物の会話にでてくる。
2.一方は知識人A、一方は主人公B?みたいな...
3.Bは第二の選択時に、変更しない。

ググっても答えが出てこないw

まさに叛逆の物語

October 26 Sat, 2013

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語の最速上映として金曜の25時から渋谷で鑑賞してきました。※そして翌日の9時からは地元で2本目の鑑賞。
TV、前編・後編の劇場版を経て、今回は完全新作のまさに新編。そりゃあテンションがあがります。
内容はまさに賛否両論!
"そもそもTVで綺麗に完結してるんだから論"があるわけですが、今作を観ると「物語は終ってなかったんだ!」となります。そして「あれ?まだ続くんじゃね?」と思ってもしまいます。基本的には、僕はそのあたり肯定派なので「いいぞ!もっとやれ!!」と思っていますがw。
やる意味のない映画は確かに数多ありますが、今作はとても素晴らしいものだったと思います。TV・映画版のパッケージを買っていない僕ですが、これは欲しいかもです。
新作シナリオ・新設定、絵のグレードアップ。謎演出。続くか感のあるEND。
ライトな作品が安易に劇場上映されてしまう昨今に、劇場版然とした作品だったと思います。


絶対性相対性理論

October 25 Fri, 2013

相対性理論 自主企画ライブ新シリーズ「幾何」@ZEPP TOKYO参戦。夏にリリースされた最新アルバム「TOWN AGE」をベースして、鉄板の楽曲を合わせたセットリスト。様々なお約束が全て踏襲され、まさに1ミクロもズレない・ブレないステージングには脱帽です。
やくしまるえつこマジでぱねーっす。
バカになって盛り上がる系ではありませんが、こういうLIVEもまた至福であります。
次も楽しみで楽しみです。

まあやおん。

October 20 Sun, 2013

坂本真綾FCイベント「IDS! 10th Anniversary Event 2013」の追加公演に参戦。場所は日比谷野音。秋の夜空に響く真綾の歌声...と想像していましたが、まさかの雨!雨!雨!
本人曰く「私のせいじゃないわよ(キリッ!)」との事。数年前の富岡の野外ライブも雨でしたので、印象としては野外では雨が多いのですが、まぁロッキンは晴れていたので、一概には言えませんね。まぁ自称"晴れ女"パワーは弱まってるかもですね。
そんなわけで覚悟していたので、防水・防寒は完璧。ストレスなくライブを楽しめました。
基本のセトリはツアー時と一緒でしたが、野外という事でアンコールに「ユニバース」追加して歌ってくれたのが、至福でした。やはり宇宙を感じますw
まぁどんな過酷な環境でも、歌声が全くブレないので「さすがだなぁ」感心するばかりです。そして、こんな日でも"雨が降る"を歌わない、このドSな方でしたw。

清須会議みる!

October 15 Tue, 2013

さすがは大泉さん。大雨です。しかも10年に一度の大雨です。冒頭の三谷監督の挨拶もまずは謝罪からのスタートでした。そんなわけで、三谷幸喜最新作「清須会議」の完成披露試写会に行ってきました。場所は東京国際フォーラム ホールA。メインキャスト勢揃いのステージでした。
映画好き、歴史好きと豪語する三谷さんらしい。実に三谷さんらしい作品でした。三谷作品史上最も好き嫌いの別れる作品かもしれませんね。
個人的には、1月に復元された清洲城に先行聖地巡礼してますので、橋とか城内とかロケーションをイメージできるのが、また楽しかったりしました。

環境因子

October 11 Fri, 2013

ふと思い立って、加湿空気清浄機を購入する。
これがすこぶる素晴らしい。
環境因子がここまで影響していたかと思うと...
ただただ思う事がある。
これだから、内因・外因の仮説と実証の重要性を
ただただ再確認するわけです。
まさに奇跡も魔法もあるんだよ。状態w

未来福音ツアー

October 5 Sat, 2013

劇場版 空の境界/未来福音が公開されました。
タイトル通り、福音で満ちた未来が見える素晴らしいエンディングでした。
今までの殺伐として世界を見事に救済してくれます。
本編完結後から久々の映像化は、スタジオがFate/zeroのTVシリーズなど様々な経験を踏んだことで作画がとにかく綺麗。超クオリティー。同時上映はまた...extra chorusも本編とキャラ画を若干変更しつつ、これまた観ていて、キュンとします。
娘の未那も初登場!彼女のポテンシャルはまだまだ読めませんw
そんなわけで、先週から2週に渡って計3度の舞台挨拶に参戦。
9/29は、監督×坂本真綾。10/5は、キャスト回、そして注目の夫婦回でした。結婚後、夫である鈴村氏とのツーショットは公の場では初で、どこか会場中がソワソワしていました。"誰がどうやって結婚ネタをブチこむか"の空気を読み合っていた感じだったのを、序盤に真綾自ら「結婚後...」と早々に懸案をクリアにしてしまったには「さすがや...」と思ってしまいました。
様々な応援の後押しで、こうして新作が制作され、愛され続ける作品ですので、今回入場で付いてきた小説「終末録音」も映像化されるものと信じ、急かす事もなく、ゆるーく気長に待ちたいものです。

クロジのヒルコ

October 4 Fri, 2013

劇団クロジさんの2013年最新公演「ヒルコ」観劇。
六本木は俳優座劇場。
今回は「真っ直ぐに育った皇子と、純粋さをこじらせた無能な姫」のお話
愛の形、憎しみの形も様々、相手に何を求めているかも人それぞれ。
愛し合うのが最善とも限らず、純粋が最も正しいかも、あやふやで。
その心。魂を、縛るものは、物質的なものなのか、誓いの言葉なのか...。

皆様とても素晴らしいのですが、やはり関智一さんの存在感、圧倒感。さすがです。
ヘロQは大所帯すぎて関さんの自由度が低いように思うので、この人数で奔放にやるのが、一番輝いていると思います。

次公演は来年9月のようですので、また応援させていただきたく思います。

何故にハッピーセット

October 1 Tue, 2013

マクドナルドのハッピーセットに「怪盗グルーのミニオン危機一発」のオモチャが登場しまして、何故だか自分でもわかりませんが、全部揃えてしまいました。
映画観た事ないし、全く興味はありませんし、キャラ名も一切不明ですが...何故か集めてしまいました。完全に謎展開です。
おそらくは、このキャラのキモさに関わらず「トイ・ストーリー3」「モンスターズ・ユニバーシティ」よりも全米で大ヒットしているってニュースが引っ掛かっていたんだと思うわけですが...。

4体コンプでしたので、計4回ハッピーセットを注文しましたわけですが、久々に食すと美味いものですねw。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP