2013年5月|Archive

Perfume∞斉藤和義

May 30 Thu, 2013

Perfumeプレゼンツ「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」の初日東京公演に参戦してしました。舞台はZepp DiverCity!ここでのライブはじめてでございました。
ってなわけで、Perfume@ライブハウスとかテンションMAXでしょ!。とても近い近い。SSA規模では感じられない距離なので、まじまじとご尊顔を拝見できました。とにかく3人が可愛い。これが真の可愛いって事なんです。ライブで初披露の楽曲や、他では観れない内容に大興奮の1時間でした。まぁフルセットで観たかったというのが正直なところですが、まぁこれは次の機会に...。
アンコールはお約束的に、2組登場で合体ユニット「Perfume∞斉藤和義」が、こちらのパフォーマンスも素晴らしいものでした。対バン相手の斉藤和義さんも、まぁ〜かっこいい。CDよりも圧倒的にライブ栄えする方ですね。あぁホルモンの大阪も...観たいなぁ。

攻殻ARISE。

May 25 Sat, 2013

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Painの先行プレミアに参戦。公開が6/22ですので相当早い。いわゆる"第4の攻殻"としてスタートを切ったわけです。
監督・スタッフ、音楽、キャストが一新された本作、予想通り賛否両論がありますが、全ては作品を観てからの判断なわけで、とにかく始まったわけです。僕はどのシリーズも好きで、特定のクラスタではないので、フラットに楽しめました。なのでARISEも問題ありませんでしたし、何より素子が真綾で、そして脚本・シリーズ構成が冲方さんじゃ、もう期待するしかない。
だって前日譚ってのはテンションあがりますよ。(感じとしては映画版に繋がるイメージかな。)
まだ無双でない素子の未熟な部分、若い感じが、今までとは違っていて、キャスト変更は正しい判断だったと思います。あれが敦子さんだと逆に違和感があったと思います。
(そもそも義体がちょっと小さいタイプの時代なんだから、声帯が違っていて当然なんだよね。)

映画館上映だけど、劇場版って事じゃなく、要はOVAタイプですわな。4話構成がどうでるか!

カイベンさん

May 12 Sun, 2013

ごくごく個人的メモ投稿です。

日常ストイックな僕ですが、より生活習慣を改めようと思いました。
というのは、生まれてこの方、重度の便秘体質なので、週に1度とかがデフォだったわけですが、これをいい加減何とかしようと、食事を強制的に改善してみたところ、定期的に用を足せるようになりました。
今までは食物繊維だけでは腸?はピクりとも反応しませんでしたが、ヨーグルトと納豆等を加えたコンボメニューは、どうやら効果的だったようです。(それと適度なストレッチね。)
なのでココ数日は快便快便!こんなに連続しているのは人生はじめてだったりしますw

そうして気づいたのは、快便の人って、生活の中で便意に意識が行っている時間が少なくないのでは?と(それも慣れなんですかね。)今まで不定期に意識していればよかったのが、今では常々脳裏に過っているようで、正直少し面倒になりかけています・笑
でもまぁ快便なので問題なし!

探偵2公開。

May 11 Sat, 2013

我らが大泉洋主演最新作「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」が初日を迎えましたので観てまいりました。そして舞台挨拶に参戦でございます。チケ争奪戦のうえ、幸運な事に最前列どセンターをゲットできたので、至近距離にて舞台挨拶を堪能できました。素晴らしい安定のトーク。いや本当に素晴らしいです。

映画のほうも、前作のキャラクターを活かしつつ、アクションとエロとラストの感動、素晴らしいエンターティメントムービーでした。上映規模大きめの現代日本映画で、こういう暴力的なアクションシーンと無用なエロwをやる作品って少なくなっていると思います。(監督が福田さんだったり、主演が山田孝之だったりすると、ちょっと映画の肌感変わるだろうし)、原作がハードボイルドものだけあって、よい意味で土臭い映画、それを先生が主演やっているのは嬉しいかぎりです。松田龍平演じる高田、このキャラクターは良いですね。どハマり役ですわね。

映画がヒットして3部作として、3作目を是非是非観たいものだ!

in the pocket.

May 4 Sat, 2013

ザ・ポケット中野にて、東京ジャンケン旗揚げ公演「あなたに会えてよかった~Communicating Doors~」を観劇。
当初行こうか迷っていたのですが、まぁ旗揚げ公演って事で行ってきました。
アラン・エイクボーン作の翻訳モノでございました。
とりあえず、まずは豊口、名塚、福圓の3女優の共演ってのが熱い!
と言う事で、2020年、2000年、1980年の時代時代で繰り広げられる物語は、なかなかに巧妙。素敵な2時間でございました。
次回公演にも期待できそうです。
これ観ちゃうとヘロQは大所帯になりすぎかも...と思ってしまったり。

Photos

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP