2013年3月|Archive

大阪の本気味

March 31 Sun, 2013

何度大阪に行ってもたこ焼きは食べてこなかったのです。いや正確には、他の粉モノを食べてしまうので断念していた訳です。なので今回の裏テーマは「たこ焼き」でした。とは言え、道頓堀にたこ焼き屋が多過ぎてよくわからん。千房さんみたいに「関東でも、どこでもあるよ」って店だとレア感がないですからね。

京都で昼食の合間にRSSをチェックしていたら、ロケットニュースさんのトピに「たこ焼き好き必見!...」の見出しの記事が、『大阪民に圧倒的な支持を得ている「たこ焼き道楽 わなか」の関東進出』のニュースだったのですが、「あれ?本家近いんじゃね?」と場所を検索すると、千日前...近っ!
これはタイミング的に、ココでしょ!って事で行ってきました「わなか」さん。

う、うまい!コレはスゲー!これが求めていた至高のたこ焼きです。関東で幅を利かせている某銀ダコの"揚げてる感"が、全く好きではないので、このトロトロ感が大好きです!

関東進出第一号は、相模大野駅なんですって、これは行かねば。

京都の桜

March 30 Sat, 2013

大阪に所用があったので、ひとまず京都に降り立ちました。最近、大阪-京都間がひとつのパッケージになっている気がしますね。関東ではちょーど見頃でしたので、関西のタイミング的には、やや早い感じの6-8分といった桜でした。色々な品種の桜が観れたので良いですね。何でか東京ってソメイヨシノばっかですよね。
ひとまず鴨川にご挨拶をし、特にどこに行く予定もなく、鴨川を散歩いたしました。さすがに鴨川デルタまで徒歩は無理だったわ、延暦寺も時間がなくていけんかったなぁ。

桜の下には人人人の東京とは違い、京都は風景・情景と溶け込んでいたので、とても素敵でしたよ。
京都タワーだったり、神社・仏閣だったりと、「桜+α」は良いものですな。こうなったらドメジャーな桜スポットにも行ってみたいと思ってしまいました。そうしたら、まぁ観光客が凄くて、悪態をつくでしょうけどw。

今回のピークは京都御所の蛤門。という地味な寄り道でした。
まぁメジャー所は...もういいかな。知識を深めてより地味なトコ行きたい。

四畳半ひかりごけ

March 25 Mon, 2013

劇団山の手事情社公演「ひかりごけ」を観劇。大戦中、冬の北海道で起きた事件を題材にした武田泰淳の代表作。の舞台化。
シェイクスピア作品でもなく、古典でもなく、現代の変化球?だったので、またまた新鮮でした。
それはそれは山の手事情社らしさ全開の舞台で、会場の文化学院講堂とのシンクロっぷりが凄まじい、ホントに並の劇団では、やれない舞台すぎて大興奮です。1幕と2幕の説明...あぁ全然文章化できないw。
内容も何も言えないw(おいおい)
なので以下の動画を観てほしい。そしてパッケージが欲しい。

それにしても、初手でミスった!パンフレットに書かれているあらすじと概要をちゃんと読めなかった。これは痛恨のミスでした。やっぱ予備知識を付けてみないと理解に一歩遅れるのよね。

東京桜2013

March 23 Sat, 2013

今年の桜は読めませんな。
開花が早過ぎて幹事さんは大変ね。
しかも三寒四温の高低差で耳キィーンなっているので、外気でお酒を飲む気にならんね。
さらに今年の花粉には反応しちゃってるから、何か干よるのよね。
とは言え、季節ものなので、ついつい足は向いてしまうものです。
でもまぁ人は多いなぁ。

glee3一挙みた

March 22 Fri, 2013

気づけばgleeのシリーズも本国では4thシーズンが放送中、日本でも先日3rdシーズンがBSで最速放送されました。
昔に比べると海外ドラマ放送のタイムラグがとても小さいのは嬉しいかぎりですね。

3rd一番の盛り上がりは、何といっても全国大会リベンジと1stからのオリジナルメンバーの卒業。
そうでした!学生には自動的に卒業というイベントが発生してしまうのです。
(大人社会のドラマでは10年間とか普通にレギュラーですからね。)
とは言え、卒業生も引き続きドラマには登場して、別軸で物語が進むようなので一安心ですが、何となく3期の盛り上がりが最高潮な気がするなぁ。
何年でもやれてしまうけど、劇的に物語が変化するような作品でもないので、10thまではやらない方が作品の為のように思えます。
というわけで、1stからのキャラの立ち位置や性格も大きく変化した(成長という意味でなくw)3rdは「別れ」をテーマに素晴らしいストーリーだったと思います。最終回はやっぱ号泣せざるえませんでした。
ついついサントラをゲットしにTSUTAYAに駆け込んでしまいました。
これは楽曲の力が大きいと思うのですが、日本でこんなドラマ....実現できないよなぁ。
演じて、歌って、踊って...


覚悟の程が試された。

March 15 Fri, 2013

もはや運営会社の株価がパブリーになっているパズドラですが、1000万ダウンロード記念で「ゴッドフェス」が開催されました。
今回の目的は、念願の「イズン&イズーナ」のゲット。絶対に逃すつもりは無かったので、それなりの実弾を覚悟をしていましたが、まさに死線。どんだけ魔法石を使った事か....。(※魔法石は、不定期に配布されるもの以外は購入して増すアイテムで、魔法石を5コ消費する事でレアガチャ1回を回せます。目的のモンスターを当てる為にガチャガチャを多く回すには、その石を大量に購入しないといけないわけです。)
そんなわけで完全に課金の魔力にヤラレてしまいました。途中から「もう後には引けない!これは自分との戦いだ!」とイミフな事を宣う次第です。こういう心理はカジノの世界と同じなんでしょうね。
とても口外できないレベルで実弾投下した結果、何とか件のモンスターをゲットする事ができましたが、正直失ったものも大きかった。
あぁ沢山働いて、沢山稼ごう...と改めて心に誓うのでした。

なので現在絶賛自己嫌悪中です。
このモンスターをゲットする為ににプレイしていたように思うので、どうなるパスドラ熱!

どこもかしこも

March 11 Mon, 2013

あれから2年、あれから3年と
隣の誰かが言わなくなったその日が
どうか、風化や忘却でなく
ようやく踏み出せた一歩の日であるように
そう願っています。
「1.17」「3.11」とは何だったのか?
知らなくても良い世界と思えるように

ドミノミクさん。

March 7 Thu, 2013

ドミノ・ピザと初音ミクがコラボしたiOSアプリ「Domino's App feat.初音ミク」とそのサービスが半端ない。
久々に感動と興奮の域でビビりました。ただコラボるだけでなく内容がしっかりしているで本当に素晴らしい。こういうのが実現するのって、双方の企業の懐の深さが試されるので、本当に難しいと思うんだよね。それが形になるのってホント凄い事だなぁ。と思います。

そして芸が本当に細かくて、わかってらっしゃる!!
MAPのピンがミクさんになっていたり、デリバリーされるピザボックスのイラストにカメラを向けると、スペシャルLIVEが観れたり、中でもソーシャルピザカメラってのが本当に秀逸でカメラとミクさんを合成できるわけですが、表情やポーズ、アングルをコントロールできるので、ちゃんとした写真が撮れてしまう。

年に数本しか「あぁ秀逸だぁ」と思うアプリはありませんが、このアプリは確実に2013年上半期ダントツの作品だと思います。こんなアプリを創りたいものです。

□Domino's App feat.初音ミク
http://miku.dominos.jp/


それはのび太みたいに

March 6 Wed, 2013

飲食店など「同じ店では同じ注文をする」という属性から、モノに関してもしっくり来たのは長く利用したいと思っており、予備として同じものを複数所有し、今では靴やバンツなど、ほぼほぼ固定されています。ただ注意すべきは、単に他ブランドの経験値がないからこうなっているだけで、とは言え他メーカーを試してみる事がもう恐怖だったりで。

トップスは、とにかく沢山のバリエーションで、ひとシーズン1、2度しか着ないレベルでこなしたい願望が、かつてはあったのですが、最近やってみたいのは、マンガのキャラクターみたいに「同じ意匠の服をとにかく着るまくる」。
中村光先生か有川浩先生が、曜日で仕事着を変えていたんだったか...そんなのに憧れます。
まぁ時代・マイブームによって同じ様な柄や色を買ってしまうのは昔からなので、本気を出せばやれてしまうんですけどね。

そして最近、単体で耐年数が長いものは、予想外に10年くらいで飽きる。という事がわかりました。
具体的に「飽きた」というモノは、腕時計の事なのですが、ふと「変化が停滞している象徴」のような気がしてしまい、どうにもモヤモヤしてしまったわけです。
なので目に見えての部分に変化を持たせたわけですが、定期的に、こう行為も実は必要なのかも?と思ってしまいました。心機一転と言ってもいいのだろうか。一種の断捨離なのかもしれませんなぁ。
とにかく、何かすっきりした気分ではあります。
まぁこれローテで回していたら違う気持ちだったのかもしれませんし、分かりませんがw

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP