2012年11月|Archive

紅葉いこーよ!

November 25 Sun, 2012

いえーい!紅葉撮りたい衝動は新宿御苑で何とか解消しました。
いっぱい撮りましたiPhoneでね orz...
もうタイミングが難しい!どこに行ったら良いものやら...
黄色一色のもみじも素敵ですが、様々なカラーのコントラストが素敵だと思います。
桜より撮りやすいし、いい感じなんですよねー。
そしてフィルターのアプリで「それっぽく」なってしまうのは反則だよなぁw。
でもホントに「それっぽく」なってしまうので恐ろしい事やで

>紅葉模様2013東京新宿

我らP・T・A!

November 24 Sat, 2012

Perfume WORLD TOUR 1st パブリック・ビュー@新宿バルト9に参戦。
PerfumeのWORLD TOURファイナルのシンガポール公演をパブリック・ビューイングにて鑑賞、大いに盛り上がりました。とにかく楽しい!とにかく熱い!完全にライブノリだったので、飛び跳ねすぎて、前席に落下するのでは!?と何度か危険を感じつつ、超たのしー!ライブは本当にいいね。
それにしてもシンガポールの箱小さい!い、いなぁー!。
MCではあ〜ちゃんの天才っぷりが遺憾なく発揮され、まさにPerfumeらしさ全開でした。

席の感じは武道館のスタンドっぽい角度なのに3人がよく見えるという、何この不思議空間w。
どのくらい盛り上がるか不安でしたが、PTAの人らやクラスタが存在しているのは事前に知っていたので、結果は完全なるホーム。「踊らにゃ損々!」状態でした。

ナタリー「Perfume初の海外ツアー、フィナーレを約3万人が目撃」

みなこぉ、恐ろしい子

November 24 Sat, 2012

寿美菜子 First Live Tour 2012"Our stride"@中野サンプラザ。
若さ溢れる素晴らしい未来を感じるライブだったと言わざるえない!まだまだポテンシャルは計りしれん。

とにかくsphereの末っ子、寿美菜子の初ツアーだったわけです。当初は行く予定はなかったのですが、ご縁あって参加できました。初日神戸のセトリを観ていたら我慢ができなくなってしまいました。

要は4人4色という中で、鮮明に自分の色を出し、その見せ方が実に見事だったわけです。元々CDジャケなどのクリエイティブはとても好みでしたので、今回の衣装などもグッドでした。

語られるは6曲目「Brand New World 」なのでしょうが、「そこのポイントでせめて来たかぁ!」と言った感じです。いやー皆わかってたのかねー。これは凄い事だったと思うわけですが...。
まだまだ能動的な歌手活動とは言えませんが、Minako strideで歩んでくれればと思います。

まさにストーン・フリー

November 23 Fri, 2012

お久しぶりのカプリシーヌのファッションショーがあったのでお邪魔してきました。
やっぱ楽しいね、たまのパーリーピーポーもw
そしてショーはいいね。本能的に盛り上がっちゃうものね。
モデルさんが完全にストーン・フリーだったので、超JOJO立ちしてほしかった。
それと単純に撮影に関しては、iPhoneの性能が高っている事を実感する...。
と今回の会場のOperaさんは会場としてとても素晴らしいと思いました。
とても撮影しやすいw(そこ?)

ヱヴァ新劇:Q

November 18 Sun, 2012

週末は土日にかけて「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をビシっと鑑賞してきました。前日の金曜夜に冒頭6分38秒の先行放送がありましたので、ビール片手に録画を楽しんでいて、テンション的にはココから祭りが始まっていた感じです。2日で計3回ほど鑑賞しましたが、何度観ても新しい発見や謎が出てきて、とにかく楽しいイベントです。
感想は一言「何かスゲー事になった...」しかない。が面白い、面白いじゃないかぁ!自分の予想や想像の遥か上の作品を提供されるだけで十分じゃないかぁ!(破ん時の予告なんて全然アレだったなぁ...)
そして「...よくわからん!」それがいいのです!だってエヴァってそんなもんです。とにかく感じたもの勝ちです!あと何回か観る..かな?
とにかく、とりあえずパッケージリリースまでパンフ読んで楽しみます。資料とかインタビュー記事と非常に良いです。それにしても、新キャストはガイナックス然としていて、割と意外性はなかったですが、まさに違和感のない安定感!
15年以上を楽しませてくれるコンテンツ...今更離れられないw

宇多田さんを引っ張りだすパワーも凄いね。

とある王国の姫さま

November 13 Tue, 2012

年に一度程の頻度で、(個人的に)凄い有名人と遭遇しますが、いやー今回も大物でした。そして毎度ですが、何にもできない自分のヘタレっぷりに凹むのでした。
(もしかしてサインと握手くらいはイケたのかな?)いや涙をのんでスルーするのが紳士の嗜みだ!(という負け惜しみ)。
いやまぁ咄嗟の出来事に、人間は対応なんてできないもんさ。(仕方ない仕方ない)。
あの「ホップ!」があって、この「ステップ!」があったのだから、次回「ジャンプ!」こそ、本命くんじゃね?と淡い奇跡に期待しております・笑。

とりあえずこの日を忘れない為にメモメモ。
さすがは世界一かわいいとされる姫でございましたw。

タンブラーシフト

November 7 Wed, 2012

冬場はやはり暖かい飲み物で過ごしたいので、
ペットボトルからタンブラーに変更。
Tパックでホットなドリンクを飲んでおります。

それと、気づきましたけど、すげー費用対効果がいいんだよね。
(え!?今更?)
コンビニで買うペットボトル1本125円に比べると、一回4円とかって...
何か圧倒的すぎて、今までの投資が切なくなりました・笑
タンブラーもう一個買おうかな。

phaseII

November 5 Mon, 2012

相対性理論の自主企画イベント「位相II」として、相対性理論とサーストン・ムーアのツーマンライブがZEPP TOKYOにて開催されました。大人としては十分にビールを飲んでからビシっと参戦いたしました。相対性理論のセトリ的には

1.ミス・パラレルワールド / 2.人工衛星 / 3.新曲 / 4.三千万年 / 5.Q/P / 6.新曲 / 7.新曲 / 8.新曲 / 9.ふしぎデカルト / 10.Z女戦争 / 11.ほうき星 / 12.ロンリープラネット / 13.ムーンライト銀河

えっちゃん名義のロンリープラネットもよかったのですが、ももクロへ提供したZ女戦争を相対性理論バーションで聴けたのは意表を突かれすぎて、ついつい大興奮してしまいました。ラストは定番の「おやすみ」の一言で締め、至福のときでございました。

RADIO CROSSの延長戦

November 4 Sun, 2012

4日は中央大学の学祭「白門祭」に行ってきました。
9月末で終了してしまったラジオ番組「RADIO CROSS」の1回限定復活企画があったのでそれに行ってきました。
キャスト・スタッフの座組が番組ママなので、素人学生の実行委員の介入する隙もなく、しっかりとしたイベントとして構成されていました。まさに公開録音レベルのクオリティと言っていい!
尺的には他イベと同様に1時間半。とにかく笑わせていただきました。
パイセンとあやねるの組み合せは今一番熱いですね!

RE:サイボーグ009

November 1 Thu, 2012

サイボーグ009の久々の映像化。「009 RE:CYBORG」を観てきました。
まずは003(フランソワーズ)がエロかった。という単純な感想から始まり・笑。鉄板の「落下シーン」に大興奮です。映画をフル3Dでやる意義を理解し、が多少の違和感を覚えつつ、作画は安定しているので、結果としてはよかったのかなぁと思います。攻殻、特にTV版はアニメーターによって素子の顔が違いすぎるので、実はあまり好感をもっていません。ただし攻殻SSS 3D同様に神山作品の電脳シーンは一級品です。この為に映画館で3Dメガネで観るべきだと思います。
音楽も川井さんらしくて素敵です。一瞬「00?」と錯覚しましたけど...。あぁそれなら加速装置ん時に「トランザム!」と言ってほしかったw。

お話的には、50,60年代と大きく変わってしまった現代の世界と、009の世界観をシンクロさせる作業はなかなかに困難だったと思いますが、しかし普遍のテーマを扱っているだけに、思いは全くブレてませんね。そして「天使?」の登場は、未完に終っている天使篇を彷彿とさせてグッときましたね。ラストは絶対にジョーとリンクは大気圏を再突入する名場面オマージュをするべきでしたよ。

印象としては不安であった009CVの宮野くんも、作品中の鬱々としたジョーとうまくリンクしていてよかったです。平成009の櫻井さんのはヒーロー然としておりましたので、こっちでも観たかったですが...。

「終わらせなければ、始まらない。」と言うのであれば、是非続けていただきたい!
TV版でも映画でも構いませんので。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP