2011年10月|Archive

さよならラジオ館

October 28 Fri, 2011 | コメント(12)

何という事でしょー!
取り壊し寸前の秋葉原のラジオ館に人工衛星が墜落しました。
これがシュタインズ・ゲートの選択だと言うのでしょうか!!
という壮大で馬鹿馬鹿しいネタw。
それにしても
こんな事を実現してくれる大人って素敵ですね。
かっこよすぎです。

ラジ館には学生時代から大変お世話になりましたね。
お疲れさまです!と言いたい。

タモリ曰く『街が変化し続けるのが東京』らしいので
取り壊しも一つのはじまりなのでしょうね。

同じ時代のそれ

October 26 Wed, 2011

同じものを継続する事が多い僕。

同じものをコンビニで購入し、
同じ食事処で同じメニュを注文し、
同じ位置の駅ホームに立ち、同じ場所に駐輪する。
同じデザインの靴下や下着しか履かない。
同じ靴を履き続け、壊れては同じものを購入する。
同じ型番のパンツを履き続け、破れては同じものを購入する。
同じノート、同じペン、同じ手帳。毎年同じカレンダー。
同じものを好きでありつづけ、
そうでないものは、いつの間にかそうでなくなる。
気づけば15年20年好きなものが変わらない。
気づけば15年20年経っている。
さてさてこれからの数年にそんなものに
どれだけ出会えるものだろうか。

書の笑のshow

October 24 Mon, 2011

とにかく大盛り上がりの「大泉ワンマンショー」でした。
トークあり、客いじりあり、幕間VTRと、歌あり、モノマネあり、小咄あり、2時間が一瞬の出来事でした。
そして喉がやられるほどに笑いましたね。
最高でした!としか言えないので、感想としては一言「ほんと最高でした。」と

まぁアレですよ東京公演のチケが争奪戦すぎて...もうね。
子猫ちゃんたちはどーにかしてますよ...
次はヤスケンのひとり語りですので、楽しみたいですね。

ジャンヌ・真綾・ダルク

October 17 Mon, 2011

朗読活劇 レチタ・カルダ「ジャンヌ・ダルク」を上野水上野外音楽堂にて観劇。
語り手:坂本真綾、音楽:スパニッシュ・コネクションの構成。
開演17時でしたので日も落ち、ライティングが栄える!
天気も何とか保って、秋の夜風も気持ちいい!
そんな生演奏の中、スタート。
朗読活劇と言うだけあって、動く動く。
完全に一人芝居したり、会場一杯を使った演出で、僕の席の横や前を通る通る。
ステージを見ては中々拝見できない後頭部をガン見w。

よく観えたし、堪能できたので良かったのですが
総評としては若干...微妙な作品でしたね。
なんでしょうね...。
生涯を追っていくっていうシリーズのテンプレがあるのでしょうが
その面において脚本、脚色というか、ストーリー性が非常に弱い。
史実に伴っているので弱いと言っても仕方ないのですが
そこはまさに脚色なんでしょうね。

それが一人芝居と朗読活劇との絶対的な差なのかな?
動く朗読劇というなら、これが精一杯なのかな?

そういう意味では「わたしの頭の中の消しゴム」のほうが
2人芝居ではありますが、数段上な印象です。

何にせよ凛とした真綾だけで満足なんですけどね。

究極コラボの向こう側

October 14 Fri, 2011 | コメント(9)

10月11日はSHIBUYA-AXにて氣志團のGIGに初参戦。
しかも今シリーズは対バン方式で今回の対戦相手は、ももいろクローバーZ!
その名も『極東ロックンロール・ハイスクール『ももクロちゃんに逢えちゃうよぉ~♡ ウレPギャ~ス!!』vsももいろクローバーZ』というわけでございます。

自分は、ももクロも氣志團も初体験で、前々からももクロの教育は受けていたもののw、氣志團は全然知らなかったのですが、予習していくと、これが予想以上に素敵なバンドで、当日はどちらも楽しみになってしまい、気分的には50:50くらいのワクワクでした。そんなわけで完全な俺得状態でしたね。

前半のももクロは、まさに全曲を全力で素晴らしいパフォーマンスでした。8曲ぶっ通しでの歌って躍っては、若さこそのチャレンジですね。これは観たらハマるのも納得できてしまうパワーがありました。続いての氣志團サイドも一曲目にももクロ楽曲の「行くぜっ!怪盗少女」で会場を一気につかみ!そこから、ももクロ風の自己紹介に続き、双方のファンの心を鷲掴みにする巧みさに感動さえ覚えました。
未成年ルールのために、中盤にももクロが再登場し、コラボのパフォーマンスはまさに怒濤!ここに最高峰のエンターティメントを観た気がしました。

気づけば3時間ほどのGIGは一瞬に感じ、気持ち的には2011後半で一番の盛り上がりでしたね。
まぁ、唯一の残念は氣志團1曲の定番「房総スカイライン・ファントム 」を聴きたかったけど、これは次回って事で...。それにしてもゴッド・スピード・ユー! は神曲認定いたしますw。

あ!もう一個あった江口寿史様の描かれたコラボTを物販で買えなかったのも悔しいなぁ。

房総スカイライン・ファントム

ゴッド・スピード・ユー!

来年の東京マラソンは?

October 12 Wed, 2011

東京マラソン2012に応募したものの
今年も落選した...
当選倍率は9.6倍。
今んとこ2/5と高い当選率なので
確率的にはそういう年ではあるけどさ...
まぁショックっちゃショックや。

みんなリタイアしちゃえばいいよ!!!
はぁ〜ボランティアに応募しようかしら...

ギルクルパン

October 10 Mon, 2011

さぁてメモメモ。
9日に秋からのノイタミナ枠の新番組の
ギルティークラウンの試写会がありまして参加してきました。
1話2話を拝見しまして大興奮ですね。期待大!
クオリティーがTVレベルでなさすぎて...これが2クール保ったらスゲーことです。
と期待のハードルが限りなく上がっております。
放送はビシっと13日からです。

あ!ルパン40周年で新キャストが発表されてましたね。
ルパンと次元はママでしたが、不二子、五右衛門、銭形が新キャストになりました。
僕としてはこの面子を見せられたら応援するしかないのです!!

ミュージアムろうじゃなイカ!

October 10 Mon, 2011

特に川崎市民だからって訳でなく、友人にお呼ばれいたしましたので先月にオープンしました「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。藤子アニメで情操教育された身としては押さえておきたい、つーことで。

年表やら漫画の原稿やら、資料集を堪能いたしまして、ガチャガチャに興じたりして楽しんでおりました。屋上には、どこでもドア、空き地の土管、ぴーすけのオブジェなど記念撮影のポイントが山ほど、こ、これは楽しい!

最後は、カフェにて上から下への大人買い!
「ラーメン大好き 小池さん」「ジャイアンとカツ丼」「四次元キッズプレート」「ふわふわ卵のドリアもん」「フレンチトーストdeアンキパン」「カフェラテ」をビシっと注文しまして、完食を目指して、まさに拷問のようなイベントがスタートしたのでした。
美味しものもあれば、それなりのものも....小池さんのラーメン美味かったよ。


Mac一択時代

October 6 Thu, 2011

米アップルのスティーブ・ジョブズ前CEOが死去されました。
56歳という事で、若い若すぎる。
天命と言うのは簡単ですが、偉大な人物を失うのは惜しいものです。

僕にとってのApple原体験はiMacでもなくipodでもなく、
虹色林檎のロゴ、Macintoshなので、ひとつの時代の終焉を感じますね。

MacデビューのPerformaを経て...
Power Macintosh 7600、Power Macintosh 9600やApple PowerBook 2400C
あぁーどれも懐かしい。
漢字Talk、7.6からMac OS8への移行に伴うグラフィックの大幅改変
そしてPower PCからG3への進化!
社会人になってPower Mac G4 Cubeを買って、SWep.1のレゴ人形と並べてw
時は流れて、今やMacBook Pro...まさに歴史ですなぁ。
ipodも気づけば、何台と買ってるし、今はiPhoneつかってるし...

こりゃ4s買うかぁー。

荒ぶる藩士たち

October 4 Tue, 2011 | コメント(22)

先週末を跨いで、吉祥寺にて北海道物産展が開催されました。それに伴いHTBが巨大ブースを出店。
番組の最新グッズなどの物販コーナーと、どうでしょう関連の展示物、カブや衣装などがデカデカと展開され、東京近郊のどうでしょう藩士が荒ぶったわけです。
奇しくも大泉氏のワンマンショーと日程がかぶり、池袋-吉祥寺のホットラインが形成されてました。

そんなわけで僕もビシっと拝見しに伺いまして、様々な小物を写真に納め、感動した次第です。
中でも最新作の写真パネルや、東日本、夏野菜のグッズはどれも素晴らしいものです。
DVDが楽しみでなりません!
クジに興じ、着ぐるみonちゃんに歓声をあげ、炎天下の中楽しい一時を過ごしました。

どうやら藤村嬉野の両氏は4日19時にご登場との事です。
USTの放送は東京からのお届け!なんせ明日はDVDの発売日でございますので!!
フィギア第三弾の戦いが明日は待っております。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP