2011年4月|Archive

咲く乱ラン!ラン!ラン!

April 28 Thu, 2011

4/24日曜日。所により一部雨。
屋外の陽気もだんだんと気持ちよくなってきたなか開催された「咲く乱状態in日比谷野音2011」
一体、ホームに近いアウェイなのか、アウェイっぽいホームなのか。まったくもって微妙だ。
観客と歌手の距離感とどの世界の所作で行動したらいいか、どうも迷います。

でラインナップ的には
・面影ラッキーホール
・スネオヘアー
・神聖かまってちゃんfeat.藤和エリオ
・水木一郎と特撮
・大槻ケンヂと絶望少女達(井上/新谷/野中/沢城)
とまぁ実に豪華な面子と言っていいでしょう!そんなわけで充実の3時間。
皆さんどなたも素敵でしたが、
やはりラスト1時間のメインであり、大トリたるオーケンタイムは、圧倒的!まさに無双!
アニキとの「かってに改造してもいいぜ」「ヌイグルマー」からの〜
1.人として軸がぶれている
2.ニート釣り
3.空想ルンバ
4.メビウス荒野
5.林檎もぎれビーム
もはや鉄板であり、あらぶる名曲ばかりなので、心躍ります。
躍らな損々!!

「日比谷の中心でサイババと叫ぶ」

sucker punch

April 25 Mon, 2011 | コメント(38)

『ドーン・オブ・ザ・デッド』『ウォッチメン』 でお馴染み!
監督・製作・脚本はザック・スナイダーの映画です。

まぁアレですよ、監督のやりたい事の熱量が高ければ、
どうにでも映画としては成立してしまうと言う典型です。

映像的には圧巻でございまして
ついにVFXってのも、ここに極まった感がありますね。
(無理矢理3Dにしなくて成功だったと思います。)
で、結局はどんな作品だったかというとずばり1点!!

Björk「Army of Me」を懐かしむ映画ですw。
正直、数年ぶりに聴きました。
そしてPVが観たくなる作品でもあります。

まぁ内宇宙の話しなので、ドンピシャでハマります。


ぴあよ!永遠なれ!

April 23 Sat, 2011 | コメント(8)

情報誌「ぴあ」首都圏版の休刊だそうです。
時代とは言え、またも歴史ある雑誌が休刊とは悲しい限りです。
推しのタレントさんの表紙ん時には、各地方のをビシっと揃えましたよ!(ただし!実は首都圏以外の地方版の表紙はどれも同じスチールなのです。し、知ってたよ。)

僕も毎週購入していたのは、いつまででしたかね?。
08年のリニューアルを期に映画館のリストが読みづらくなって、一気に気持ちが離れたのを強く覚えています。
今後はサイト上で情報などを掲載するようですし、予約・購入とかでは、今まで通りお世話になるで、ぴあは不滅です!
でも、やはり雑誌の特別先行がなくなるのが痛いですねw。

及川正通先生のイラストのこれからと...。
江口寿史の「キャラ者」のこれから....。
が気がかりでなりません....。

エンタメに特化した素晴らしい雑誌でございました。
39年間ご苦労様でございました。

集え!御殿場!

April 20 Wed, 2011

日曜は旧東海道の峠を越えて芦ノ湖へ、そこから御殿場経てビシっと帰宅いたしました。

御殿場の地は経由する事はあっても、立ち止まる事はなく、ほぼ初訪問でした。
富士山が眼前に広がる感じは、山梨方向や富士宮あたりから見るよりも鮮明で大きく見えます!平坦な地形、全体的に高い建物もなく、なんだか素敵な地でございました。

んで旅のおまけとしまして、青年会議所の事業「御殿場・小山 青年サミット2011」ってのを観覧してきました。
まぁ目的は、ゲストの嬉藤の両先生なのでしたけどねw。
充実した3時間を堪能いたしまして、最後にしっかりと藤村先生のサインを頂戴いたしまして、家宝にしたいと思いますw。


いざ!箱根へ!

April 20 Wed, 2011

そんなわけで、先週末のは箱根の温泉で湯治しておりました。
震災の影響で箱根への客足も激減しているようで人も非常に少なく、宿の立地もあって、温泉でもほとんど人に会わなく、のんびりとした空間を満喫いたしました。

その宿は旧東海道に面した「豊栄荘」さん。露天風呂もなかなかで、予想通り20時にはスッカリと泥酔しておりました。

張り手の応酬と、腹太鼓で一日を締め!
翌朝も一番露天風呂にビシっと入りまして、気持ちいい朝を迎えるのでした。

何とも濃密な土曜日でございました。

ルーチンな日々

April 15 Fri, 2011

何かあれですね。
黙々と仕事を自宅でやっていると
ラジオ聴いてPCに向かって、特にツィットもせず
必要な本はamazonから届き...。
1週間に月曜と水曜にコンビニに行くくらいしか
外に出る必要もなかったりして...。
こう同じ様な毎日が繰り返される。ってのは
イチロー的には良い事なのだけれど...。
ブログ的には書くことなんて無いですねw。

まぁ震災以後は
「今日とはちがう明日」って思考と
「昨日と同じ今日」って思いが
両翼で考えさせられます。

綺羅星☆パーティー

April 10 Sun, 2011

「STAR DRIVER 輝きのタクト」の購入者特典のイベに当選しましたので、横浜ブリッツにて参戦。桜見て、ビール飲んで、物販でペラペラのパンフ購入も済ませ、準備万端だったのですが、ここで致命的なミスが発覚!

本イベントに入場するには「1-応募券2枚 2-当選メール 3-身分証」の3点が必須だったのです。(ん?応募券って何ぞ?)その応募券とは、どうやらパッケージ封入されてたIDのペラ紙らしい。(あぁそれなら知ってる知ってる。)ってなわけで完全にアウト!!。

同様の人が多かったようで、運営から「全員入場終了後に入場可能か検討する」とのアナウンス。そんなわけで放置プレイ状態。
新しく出来た列で並んでいますと、そこは同じ境遇の人同士、あれよあれよと即席座談会で時間をつぶす。何とか開演ギリで入場できる事に決定。これまたアホみたいに厳重な本人確認をくぐり抜けて会場へ!

4人の巫女の生歌はやはりサイコーでした。はやみんマジすげーなぁ!
司会のよっぴーとアニプレのテンプレ進行でまずまずの3時間。
ラストの出演者&観客一同で「綺羅星☆締め」これはよかった。

とにかく良い作品でした。

絶望しないであります!

April 8 Fri, 2011 | コメント(20)

何と桜咲く東京某所。
ここまでに後楽園のジェットコースターの転落事故においてシアターGロッソが使えなくなり、さらには震災が起き、様々な障害を経て実現した舞台化「座・さよなら絶望放送」。

震災後の本放送で言っておりましたが、キャッチが何んせ「絶望した!」ですから、これはタイミング的にどうだ!?。という葛藤もあったでしょうし、実現してほんと感慨に耽りますね。

舞台は演者と観客と作るといいますが、先日の真綾といい、空間に存在する全ての人間の意識がひとつになっているエネルギーは、何かのエントロピーを超越しています!
脳直で叫んでいたので、完全に喉がヤラレました。
あんなに「オ○パイ!オ○パイ!」と叫んぶ事もそうそう無いですね!
日本の復興は日本おっぱい党から始まりますw。

無駄に豪華なムービー!無駄にキレキレのアクター陣!恐るべき17歳の絶対領域!
前説からオチまで手作り感満載の素敵な舞台でした。
これが最後とは言わせない!終わらせてなるものか!

気づけば、これって放送しないで即パッケージ化ですので、通常の番組と仕組みが違うねw。

光あれ

April 2 Sat, 2011

何となく気持ちが落ち着いてきたので書く。

そんなわけで、武道館ライヴから1年。
坂本真綾 LIVE TOUR 2011 "You can't catch me" in 中野サンプラザに参加。
お誕生日公演でございます。

世の中は11日の震災を堺に一変したので、果たして公演が実現するか不安でしたが
彼女の「日常を取り戻す」という意思の元、開催されました。
当初のセトリを一部変更。セット・照明も最小限で、電力不足に配慮した形での構成です。
省エネ対策の照明の具合が、むしろ大人な雰囲気でよかったのではないかと思います。
DOWNTOWNのPV風のベルベットカーテンの様なセット、大人のセットの雰囲気ですね。
聴いて、感じるとこ、思うことも様々。
感動とも違う、単純に感情が揺さぶられる、
1曲1曲が胸に刺さる、思い出深いライヴとなりました。
MCがまた胸が熱いのです。

最近、涙腺が弛みっぱなしなので、
「生きる」とか「死ぬ」とか「愛」「希望」とかってワードにめっきり弱くなってしまい
もー泣いちゃうもんなぁ(T_T)。

世界さえ変える力が、愛にはあるってこと、もう僕らは気づいていますよ。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP