2010年6月|Archive

ノスタルジック・ラバー

June 30 Wed, 2010

先週末に、とあるイベントに参加した後に実感した事。
(左画像は無関係ですw)

今年30歳年。そういったタイミングで
(かつて)自分の好きな人だったりモノに関連した
「○○周年記念!」的に銘打った「祭」がちょいちょい開かれるので
ついつい行く事が多くなっていたりしています。

そして、それは戦歴としては
大概が「十年戦士」超えのものだったり
中には15、20年モノもあるので、もーすっかりベテランです!

つまりは中学時代から継続しているものが、今もって好きって事で
「まぁまぁ基本、変わってないからなぁ」と実感してしまう。
いい意味でも悪い意味でも...だろうさw。

そして、その頃の記憶もハッキリ!しているので
完全にノスタルジーに浸っていけたりする。

あぁーヤバい!だから、カラオケで昔の歌は盛り上がるんだなー。
LDディスクも8cmCDも世の中にあった、そんな時代の話。

エンドレス・ゲーム

June 25 Fri, 2010

ワールドカップの日本代表の予選突破も喜ばしいし、渋谷、道頓堀の盛り上がりたるや、凄いもんですが。
こっちのニュースも半端ないのです!。

ウィンブルドン大会4日目。男子シングルス1回戦は3日がかりで11時間超えテニス史上最長の試合となった!
そして第5セットの59-59から再開して、ついに20ゲーム目で決着した!
ジョン・イスナーがニコラ・マユに6-4、3-6、6-7、7-6、70-68で勝った。
とにかく両選手に拍手を送りたい!!
お疲れさん!と。

24-移動の旅-

June 22 Tue, 2010

もろもろの日程を終えて、スペイン時間は20日4時すぎ出発。バルサ-マドリ-モスクワ-ナリタという移動につぐ移動。                                       
行きで、だいたいのペースはつかめていたので「ん〜帰国は日本時間で10時だから寝るだけ寝るか!」って感じで寝に入ってましたけど、いやーさすがに限度があるw。

各空港の乗り換えは、なかなかに緊張しつつ、今まで定刻で進行していたのが、モスクワ着時に、まさかの1.5時間押し...。
到着後に、速攻で乗り換えないと....。トイレ行くにもギリギリ....。
我々マドリ組を拾って即出発!。そこからまた10時間の旅。
なーんかヒマすぎて、AVATAR見直しちゃったりして...。
日本時間10時着。ほぼほぼ24時間で東京に着いて、そば屋で久々の日本飯くって帰りましたさ。

ただね。
モスクワの乗り換えがギリギリすぎて、人間はどーにかセーフでしたけど、荷物が間に合わなかったようで
成田で旅行会社の人から「荷の到着は明日になるので郵送します。」ですって
マジでかぁ!?

まぁ逆に疲れた体に、あの荷物はヘビーでしたけどね。
それにしても、色々ありすぎw

さっき、無事にトランク届きました。
洗濯せな。

[sonar]Day&Night

June 20 Sun, 2010

そんなわけでsonar2日目!は Day&Nightで楽しんできましたよ。
単純に、音を楽しむ!それが音楽!って感じなんす!
街中の野外でこんなんやっちゃうなんて、
日本じゃ無理だわと、実感します。

それにしても異文化コニュニケーションを円滑にすすめるためには
確実に英語の語学力が必要なのだ!
とホトホト思いましたよ。
来年..... リベンジのため勉強するだな。

[sonar] みんなハッピー!

June 18 Fri, 2010

今回の旅のメインイベント。
sonar」の昼の部に参戦。

なんと海外フェス!まさか自分がここにいるとは!?
とにかくこの3日間を漫喫したいものです。
いやービールが美味いぜ!
ガツガツ遊んでしまうのは日本人の性なのか....ね。

※ガイドブックに「気をつけろ!」と載っている
「にせ警官」が現れました。
とりあえず受難は回避できたので、ひとネタできましたわ。
それにしても「クレカの暗証教えろ!」って何よ!!

一生懸命カタルーニャ

June 17 Thu, 2010

クエンカからマドリードを経由してバルサ入り。
途中で飲んだファンタがやけに美味い。
バレンシアが近いからか? NARANJAって書いてある。コレが正体か?
懸案だったホテルも問題ないようで、まずは何と言ってもココ!
サグラダ・ファミリアを拝見していく!
すげー凄すぎる!の一言。
西洋のどの建築物とも異彩を放つコレはやばい!
生きているうちに完成させてほしいものです。
(完成目標2027年ですから!)

さてさて明日からは、今回の核でございます。
ではでは

巡礼の旅。クエンカ。

June 16 Wed, 2010

スペインはクエンカの世界遺産に足を踏み入れました。
しかし僕にとっては、別の意味の聖地でしたので
夜景の撮影とパラドールでの宿泊を目的にしておりまして、見事に成功いたしました。
あまりに盛り沢山すぎるので、以下後送

@SOL

June 15 Tue, 2010

そんなわけで
午前はロンドン、午後はスペインはマドリッドなう!
思った通りの肌を焼くような陽気と気温で、とにもかくにもビールがうまい!
そしてイベリコ豚がやばいほど美味い!
当然ビールも美味い!
スペイン王宮も.....ビックリ!素晴らしすぎね。
天井画に開眼したかもね。
まじで...西洋スゲーわ!

と簡潔に述べるにとどまるw

REAL LONDON POWERTOWN!

June 14 Mon, 2010

実質のロンドン滞在最終日。
残りのマストじゃね?ってスポットに行ってみる。
バッキンガム宮殿では、偶然にも女王のパレードのために交通規制でかなりの遠回り。
パレード自体はスルーで、噴水あたりで大いにはしゃぐ!素敵すぎ!
ランチの白ワインとイタ飯が美味し!
UKならではのショッピングに明け暮れ散財。さすが旅の魔力!
大英博物館は、噂通りに広すぎて、全部観れたかどうか、かなり不安。
トラファルガー広場で記念写真を撮りまくり!
そのまま、昨日に続きまして、スポーツバーにて W杯のドイツ戦を観戦するのでした。

ロンドンにて

June 13 Sun, 2010

現在、ロンドン時間は13日の午前6時51分です。
昨日はまずはロンドン観光に勤しんでまいりました。
おいおい追記するにしても
西洋の世界遺産は、日本とまた違って素晴らしいものです!

それと、W杯のイングランド対アメリカの試合を、イングランドのユニフォームをきて!イングランドのパブで観戦する!これはマジで激アツでした!
ドローは残念でしたけど!頑張れ日本!これもどっかで観たいな。

またまた!

脱出劇

June 11 Fri, 2010

逃亡劇では犯人は北へ逃げるらしい。
ん?あっちは北なのか?w


自分のiPhoneから投稿する

スタート前

June 11 Fri, 2010

国内テスト送信


-- 自分のiPhoneから投稿する

しばし...。

June 11 Fri, 2010

自分を見つめ直すために
修行を積んでこよーと思います。
探さないでくださいw。

ちなみに6/11-6/21までです。
(なんと具体的なw)

ではでは

腐ってやがる。○○すぎたんだ!

June 10 Thu, 2010

あれれ?
今週はスゲー勢いで家の外に出ていない....。
月曜日にジャンプ読みにセブン行ったっきり?
なんと!ひどい...。
そしてバタバタ過ぎて、もぉー木曜日。
明日から...。
何もしてねー。終わってやがる。

そー言えば、いいバントを孫さんにつぶやいたけど
「やりましょー!」って、返ってこねーなぁーw
残念だぜ。

あぁーそーそー。
ネットの恩恵というか、ニコ動のスゴさで
TBNの第一回放送が聴けた。
おいおい!中学生時代のラジオだぜ
「確実に音源をカセットから起こしてんだろー!」

と思わぬところで感動をしてしまう。
今月末にはアニスクの1000回だからねー。

未来を科学する

June 8 Tue, 2010

金曜日夜を全力で遊んだためにクタクタでしたが、土曜日に「日本科学未来館」に行って遊んできました。
入場600円。年パス1200円という不思議な価格感ですが、正直年パス持っていてもイイかもと思ってしまいました。
その位の高いポテンシャルを秘めています。
「ロボット」「宇宙」「地球」「生命」の好きな方には素敵な場所です。大人も子供も関係なくね。
本やネットで知る事ができるけど、こーいうー施設で勉強できるのは刺激になりますね!。
ASIMOがメンテで観れんかったのは残念だったけど、「光学迷彩」を体験しましたw。まぁ9課のとは全然違いますけどね。
やっぱ科学はロマンがありますねー。生産性だけでは成立しないのですよ!
まぁ情報量的には1日では無理ですよ。体力的にも脳みそ的にもw。限界あるんで...。

...でも事業仕分けで評価が低かったのが、わからん訳でも無いのは...禁則事項です。

>>日本科学未来館サイト

この記憶は消しゴムでは消せない

June 2 Wed, 2010

6月のはじめ@ル・テアトル銀座
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」の観劇。
「泉見洋平 坂本真綾」回。
ご存知、韓国映画の朗読劇版の2人芝居です。
(ただ、この原作は日本のドラマの「Pure Soul」なんだけどねw)

朗読に「劇」ってついてますから演劇なのですよ!
台詞から喜びや悲しみ、様々な感情がダイレクトに伝わってきて
これぞ表現者 坂本真綾の真骨頂!!と思ってしまいました!!
「真綾、恐ろしい子...」の一言です。
まぁどんだけアフレコしてると思ってんだ話ですよw
声帯が違うのだよ声帯が!って感じです。

予想をはるか超えて大感動!男30歳大号泣。
鼻をすすろうにも「お芝居の邪魔はできん!」と我慢をし
鼻水がだだ漏れならぬ、だだ流れです。

お芝居後のスタンディングオペーションとカーテンコールは
会場全体が感動感謝の渦だったように思えます。
カーテンコールの4回目にはビックリでした!
「ここはグローブ座かぁ!」とw

やっぱ、ライブっていいねー!と痛感。

MonthlyArchive

2014
01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 05 04 03 02
2004
07
PAGE TOP